藤田励治


再び赤い山は描かない

俺は
再び
赤い山は
描かない

熊ゲラに
喰い散らされる山
一九八一・二・二七
多喜二
故里は
そうでなかった

俺は
それを 短絡しない
俺は それを知っている
同志を記して
俺は
赤い山を
画かない


ふじたれいじ:『秋田県多喜二祭の記録1962-1983』55~56pに収載。第16回多喜二祭で朗読。著者は第11回多喜二祭で多喜二祭賞を受賞。処女地帯同人。国鉄特急列車運転手。2007.8.26歿(享年84)。『読本・秋田と小林多喜二』に詩「一九八五年二月二十日」を執筆。著書に、詩集『列島幻影』(国鉄詩人連盟)、詩画集『汽車ポッポ人生』(秋田文化出版社1980)
inserted by FC2 system inserted by FC2 system